前とみつこ

香川県の興信所で浮気相談
看護師の資格というものの最も強みとなる点はというと、なんといってもたとえブランクがあったとしても、また看護師に戻れるという点です。これはなぜかというと、看護師が専門職であることに加え、現場の人手不足の問題が大きくかかわっていると言えます。どこでどのように働くかにさほどこだわっていない人の場合は条件に合えば五十代でも復帰できます。近頃は、看護師は不足傾向にあります。せっかく看護師資格を持っているにもかかわらず、今は、看護の仕事についていないという人も多数います。では、看護師不足の原因はなんでしょう。それは、看護師の離職率が高いということが大きいと思います。具体的には、常勤看護師の場合の離職率は、約11%にもなります。女性の割合が多い仕事なので、出産であったり育児であったりのタイミングでの退職が多いこともありますが、それだけではなく、ハードな仕事であるということも離職率が高くなる一因でしょう。一般的に看護師は人気が高いと思うのですが、独身の女性も多いです。実際のところ、看護師の結婚年齢は両極端だという事が指摘できるのです。結婚が遅くなる人に多い理由は、出会いが無かったり、キャリアアップを最優先に考えるため、結婚が遅くなるという事も珍しいことではありません。もし転職される場合には、ご多分に漏れず看護師の場合も履歴書が必須となりますが、その際、注意点があります。何だと思いますか?それは、特に履歴書の中の志望動機をどのように記入するかです。志望した動機について、雇用の条件や労働環境の良さについて挙げるのではなく、研鑽に励みたいという理由や「それまで身に着けたことを生かして働けそうだから」といった理由のように、やる気に満ちたような内容がいいと思います。看護師の勉強をするための学校には主に看護大学または看護専門学校という、二つの機関があります。そこで学ぶことの中身自体はあまり変わりはないのですが、違いを挙げると、大卒ではキャリアアップに有利なことが多いという点と貰えるお金の面でも、専門卒よりやや良いでしょう。その一方で、専門学校のいいところは何かというと、大学より安い学費で学べて、実習時間が多く設けられているため、すぐに戦力として使える人材になれることだと思います。国家資格を有した正看になるためには、専門学校や看護課程のある短大や大学を卒業することが絶対条件です。卒業できなければ、試験の受験資格がありません。ですが、看護の専門学校も人気が高く定員が少ないので、看護学校受験のための予備校に通って受験対策をする人もいるようです。もう准看として働いている人が正看を目指す場合は、通信教育課程もありますから、働きながら勉強することが出来ます。長く看護師として働いていると、様々な悩みが出てきますよね。よく言われるものは不規則な勤務形態ではないでしょうか。カレンダー通りの休みが取れる事はまずありませんから、休日に友人と遊んだり都合を合わせることが出来なくなるという事が悩みのタネになっているようです。他にも、看護師が不足している職場においては、簡単に休みが取れないという問題もあります。規則的な勤務形態で働きたいと考えた場合、たとえば、日勤のみの勤務が可能な病院の求人を探してみるなど、転職を視野に入れて行動するのもおススメします。基本的に定休制の会社員とは異なり、看護師の休みは本人が働いている医療機関で違うのです。その中でも、3交代制での勤務形態の場合、先にシフトが組まれていますので、休日勤務や平日休みになることがよくあります。一見、デメリットが多そうに感じるかもしれませんが、休日を好きに設定できるというメリットがあるので、そういう意味では働きやすいと言えますね。街コンはもうご存知の方が多いと思いますが、そこではたくさんの出会いが待っています。看護師の中でこちらに参加をする人というのは多くいます。女の職場なので、男性との出会いのチャンスがなくて、「結婚したい」という看護師達が、街コンに繰り出しています。街コンにおいても、「看護師」という仕事は人気が高いです。とは言え、せっかくいい相手が見つかっても、後々になって仕事柄、休みの予定が合わない場合もあり、破局をむかえることが多いと言われています。様々な病気を抱えた患者に出来るだけ安心感を持ってもらうためにも、病院に勤める看護師は見た目にも注意する事が必須になります。中でも、女性の看護師は派手なお化粧は控えて、印象の良いナチュラルメイクにするのが一番です。スッピンとはまた違って、親しみやすくきちんとしたイメージになるので、印象が変わりますよ。夜勤で体の健康を害してしまうのであれば、日勤のみが可能な職場もあります。注意しておかなくてはならない点として、今までの夜勤手当といった割増賃金が入らなくなるので、夜勤で働いていた頃に比べて給料が少なくなってしまう事があります。今の収入を減らしてでも、夜勤をやめるかどうか、しっかりと考えてみましょう。数年前までは看護の仕事に就くのは女性、という考え方が普通でしたが、ここ数年の間にだんだん男性が看護師になる割合も高まっています。看護の際、患者を移動させたり入浴介助等、力仕事も少なからずあるので男性看護師がより力を発揮できるということもままあります。給料は女性と差はありませんが、産休や育休のため、やむを得ず職を離れなければならないということがないのでそれだけキャリアアップの機会に恵まれるとも言えます。24時間交代の勤務、所謂「シフト勤務」としてスケジュールを組んで24時間業務の仕事をこなす仕事のひとつに、看護師があります。職場が外来の看護師であれば、日勤になることもありますが、入院病棟に必要な人数を多く割り振りますから、まだ勤務年数が短いうちはシフト勤務は避けて通れないと思います。妻が看護師で、子供が幼い時にシフトで働いていました。ですから、彼女が夜勤の時は、子供が寂しがってすんなりと寝てくれなかったので苦労した覚えがあります。医療施設で看護師として働いていた知人は、ある病気の治療のためにいったん退職しました。しかし、完治させた後は、すぐに現場に戻り、今も看護師の職についています。数か月間、仕事から離れていても、有利な資格があれば比較的復帰が楽になりますよね。私も時間のあるうちに就職に有利な資格を取っておけば良かったと後悔しています。夜勤を含めた交代勤務が必須など看護師の仕事は大変ハードでも、中でも気を抜けないのが、申し送りの仕事でしょう。入院中の患者さんについての状態を全て理解して、しっかりと交代する看護師に伝える必要があります。伝言で済むものもありますが、患者の生死に関わる重要な情報についてはしっかりと申し送りする必要があります。看護師が外科に勤務する時の長所と短所を知っておいた方が無難です。これから手術を受ける患者や手術が終わった後の患者の看護を通して、スキルアップに繋がります。短所は何かというと、一人の患者の看護を出来る期間が短いため、腰を落ち着けて患者の看護を実践するのが難しいことです。世間から見ると、看護師は給料が高いという印象があるのではないでしょうか。もちろん、病院では責任のある仕事を任されることもありますし、夜勤が必須になるなど厳しい仕事も多いですが、実際の年収にのみ注目するのであれば、他の業種の収入に比べると高収入を続けやすいことが看護師の特徴だと言えるでしょう。また、景気に大きな影響を受けないことも看護師の特徴です。こうした安定性と給与の高さから見ると、魅力のある職業だと言えます。病院には多くの科が設置されていますが、部署が違えば、看護師として必要になる技術や処置もまた違います。配属部署と異なる科で研修を受けるローテーション研修は一つの科だけでは分からない幅広い技術を学べますし、看護師として全体的なものの見方が出来るようになり、さまざまな知識を身に付けることが出来ると思います。今後どうなりたいかという希望を見付けることになりますし、新人看護師の前向きな気持ちも高まります。実際の看護師資格取得の難易度はどのくらいだと思いますか?調べてみると、看護師国家試験の合格率は90%前後となっています。内容も専門学校や大学の講義をちゃんと学習していた人であれば十分に合格できるものですので、特別に看護師の資格を取るのがものすごくキツイということもないみたいです。世間では、看護師はよく「白衣の天使」といわれていることから分かるように、世間一般では好印象を持つ人が大半でしょう。ですが、昨今の看護師の働き方の実情を鑑みると、収入面ではそう悪くはないとはいえ、その実は、夜勤や長時間残業の毎日を送っている看護師も多数いるのです。肯定的側面を見るだけではなく、看護師の勤務の仕方の実情というものを理解することが必要です。一般的に、同じ病院で長く勤めて実績を積んでいくと昇進し、階級が上がることがあります。具体的には、婦長と聞けば一般的にも分かりやすい役職だと思います。しかし、これ以外にも、階級ごとに主任や総看護師長といった役職があります。最近はパートの看護師や看護学生が病院で勤めているケースも多くなっていますので、正看護師であれば階級の面から言えば、上の役職になるわけですね。役職になればお給料は上がりますが、その分、責任も大きくなります。看護師の職は特別な仕事だと思われることも少なくありませんが、とはいえ、労働組合のようなものがなければ雇用条件において不利になることも生じて、患者にも悪影響となる場合もあるかもしれません。職業柄、ストライキをすることも看護師にとっては困難で、経営者サイドがしっかりと気を配るということが大事なことだと思います。検査や治療に当たっては採血や注射がつきものですが、これは一般的に看護師が行います。注射や採血を好む人は稀なタイプだと思いますが、どうしても打たれなければならないなら、痛みが少ないように処置して欲しいと思うのも当然でしょう。ですが、痛みを感じるかは看護師の腕によるところもあって、上手に刺してくれる人もいれば、場合によっては下手な看護師に処置されることもあるでしょう。たとえ上手でなくても注射や採血といった部分では問題ありませんから、少しの痛みは我慢して諦めましょう。一般的に、看護師の中には煙草を嗜む人が少ない気がしますが、そのイメージ通りに一般的な喫煙率よりもずいぶん少なくなるようです。医療施設で働く職業上、煙や臭いで不快な思いをさせないように、意識している看護師が多いと見て取れます。初めて看護師の就職先を探してみても決まらず困っている話を聞きますが、もしかしたら年齢制限によって弾かれている可能性があります。一般的に、求人には年齢についての制限を記載している求人はほとんどありませんが、病院側の事情で採用に関する制限を設定しているケースがあるのです。例えば、未経験で30代以上の方が初めて看護師として働くといった場合では難しくなります。看護師でも公務員になれることをご存知ですか?それは公立機関や国公立病院で働く以外ありません。本来、職業としての看護師が知識や経験を積みながら長く働ける業種で注目されていますが、さらに公務員の待遇が付加することでこれ以上の安定性はないですよね。手厚い福利厚生に安定した職場、きちんと整備された年金制度などはなによりも嬉しいメリットですよね。意外に思うかもしれませんが、病院外の看護師の仕事場として保育園もあるのです。実際に保育園で働くとなると、子どもの世話が好きな方であれば、理想的な職場だと思います。ちなみに、どういった仕事かというと看護師として子どもたちの健康をケアしながら、子どもたちの園生活が健康的で充実したものになるようにサポートする大切なものです。普通、看護師の職場と言えば病院ですが、実際は多種多様なものがあり、様々な科を併設した総合病院から町医者までかなり違いがあります。病院に限らず、保育園や介護施設といった場所も看護師の勤務先です。会社員も会社によって給与が違うように、当然ながら、看護師の場合も同じでしょう。総合病院と町医者とでは収入は違ったものになるでしょう。こうしたことを踏まえても、看護師だからといって平均年収がこれだけの額になる、と明確に言えるものでは無いのです。離職率が高い職業として看護師が有名ですが、どうしても転職率も高い数値になります。ですので、看護師だけを対象にした転職サイトなども多くあります。看護師の求人に特化した転職サイトであれば、さらに効率よく自分の希望する条件の求人を探せますから、現役の看護師には最適な転職サイトだと言えるでしょう。たくさんの転職サイトがあってどこを利用すれば良いのか分からないという時は、転職サイトをランク付けしたサイトなどもありますから、こちらを併用すると、さらに有利に転職を進めることが出来ます。一般的に、看護師として勤務する人は大半が女性なので結婚や出産を機に仕事を一度やめる人もたくさんおり、高い離職率の仕事であると言っていいでしょう。加えて、働く時間帯がイレギュラーであることや、ハードな仕事内容であることが原因で離婚に至ってしまう人の割合も高いと言います。たとえシングルマザーであっても十分子育て出来るくらいお金が入ってくることも離婚へつながる一因とも考えられます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク